読み込み中...



Error: LetsEncrypt account registration 400 - 解消!

りませんが多く、特に説明がなぜこの記事の目的のためのシステム管理者、そして人々れることから、天井知らずのう人を理解することができ、内容のことを決定して適切であれば、この変更はサーバー通信を行います。 しかし、いいの全部を決めがある場合は、コンテンツサーバーです。 時に私が書く本稿では、更新したときに vestacp 世界で活躍できる誤りの発生および更新のお買い letsencrypt. こうなるまで保存できるように例えばcloudflareある場合に発生するサーバの設定が間違っています。 この例の場合、さらにバイパスの問題についても説明します。

インストールする必要があり certbot (方法について説明します。いる他の記事)のが好きなのは、コマンド certbotが自動的手続きが必要な情報を生成する証明書。 一度発生する証明書だけのファイル拡張子のpemフォルダに は、/etc/letsencrypt/live/ドメイン種別.東急不動産(株)

オコントロールパネル vestacpをクリックし、ドメインのウェブです。 編集"を選択し、次の名前のドメインが見えますので何かと類似す:

今後、確認ボックス、SSLをサポートするファイルを開くフォルダ内の /etc/letsencrypt/live/namadomain.tlc

-ファイルの内容を cert.pem は釘付けになることに SSL Certificate およびその後の最初のペイン;

-ファイルの内容を privkey.pem は釘付けになることに SSL Key とは、ペイン;

-ファイルの内容 chain.pem は接着の分野 SSL Certificate Authority / Intermediate.

この時点で、ばよいのかを正しくすることのないエラーメッセージに証明書の受け入れられた。

このトリックことが重要であるとし、特に、緊急の場合の場となることのないように、悪い印象のお客様はユーザーのサイトです。 のための恒久的な解決を専門と連絡を支援 vestacp.

また、dutifulを指摘しておきたい、このソリューションの一部となって表示されないその他の方法のための自動更新の証明書。 実際にいるのに十分なスクリプトがあり、その他。 こ vestacp はデフォルトのものを問題にしたい場合は手動で編集中のファイル内に格納するフォルダの構成ファイルのapacheやnginx. のでご希望の場合は設定を自動スクリプトでの再生、証明書を覚えているのですが、標準設定 vestacp ではありませんの目に直接読み込み中のフォルダなどにしますァイルのコピー後にまから取得する設定ファイルを指定します。 書くわけではありませんがこの記事では、挿入する文字列の証明書の内側のボックスに vestacp は標準の運用の開発者の vestacp とを妨害しないようにするものの、サーバーにコピーします。


it | en | zh | es | ar | pt | id | ms | fr | ja | ru | de

// 2019-07-19 - 2019-07-19 // @ignistech #技術 #コンピューター科学 #システム #サーバー #のウェブ

044.EU | | 条件 | プライバシー | 乱用 | Hashtag